レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:29 8 2015


(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆

今、妹が里帰り中で、上の子と一緒に色々出かけてます。

赤ちゃんのお世話をしたがるし、なんでもしたがるから大変。

一週間くらい前もエクササイズ トランポリンやりたい!って言いだして、
23時なのに一緒にやっていたよ。

ダイエットコーヒーも飲みたい!っていうから、さすがにこれは
ダメ!

みかん寒天も食べるっていうから、ママに
話したら、似たようなものを買ってきて、一緒に飲んでます(笑)

明後日も一緒に映画館へ連れてってあげようと
思うんだけど、雲ひとつない晴天かなー。

天気が気になるところ。

なんか子供ができたみたいで、不思議な気持ち。

良く考えたら、妹の子供だから、あたくしにいてもおかしくは
ないんだよね。

もう凄いなついてくれてるから、可愛くて。

23時に帰ってきても、それからべったり。

「一緒に寝る!」って言ってくれたりするしね。

昼寝でもしようと思っても、
なかなかそうはさせてくれないし、朝も10時くらいには
起きて部屋に遊びにくるからね。

遊びたくて仕方ないらしい。

4KG痩せるんじゃない?ってくらい、一緒にいるとよく動くし。

上野らへんに遊びに連れて行ってあげようかなーとか
いろいろ出かけたいところがいっぱい。

帰っちゃったら、淋しいよね・・・きっと。

でも、パパよりあたくしが良いみたいで、パパが来て遊びに
連れてってくれるって言っても、「いらない」って・・・・

可哀想なパパさんです。


―地球滅亡まであと427日―


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握