レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:15 2 2015


減量をしようと考えているみなさま、
もしかすると減量というのは、
特別なことだという感覚を持っていませんか?

食事制限をするとか、
トレーニングを毎日やらなきゃならないとか…

しかし
普段の行動をきちんと行うことによっても、
減量に一定の効果が期待できるんですよ。

例えば、歯磨きをすること。

歯磨きと減量…
一見すると「?」な関係のように見えますが、
この両者には意外と強い結びつきがあるのですよ。

みなさまは、食事をした後に歯磨きをしていますか?
1日に一回しか歯磨きをしないということはありませんか?

そこで、わしが提案したいのは、
毎食後に歯磨きをする習慣を身につけてみませんか?
ということです。

歯磨きする程度なら、
別につらい減量とは言えませんよね?

例えば…
夕方食を食べた後、
「今日○○を買ってきたんだけど食べる?」
なんて弟から言われたとします。

もし、大好きなお菓子ならきっと
「食べる!」と言って食べてしまうでしょう。

ところが
歯磨きをする習慣がついていたらどうでしょう。

せっかく歯磨きをしたのに、また歯を汚すようなことは
正直したくありませんよね?

食事をした後に歯を磨く習慣をつけておけば、
お菓子を食べた後に、
また歯を磨かなければなりません。

これってちょっと面倒ですよね?

だったら
「今日はいいや、次の日の9時にでも食べることにしよう」
って思うのではないですか?

これだけでも、
以前なら食べていたお菓子の分のカロリーを
カットすることにつながっていくんではないでしょうか?


川元弓子おすすめ
http://414510.biz/pc_mem/hellowork/m13010-07281421/

京都 当たる 占い、今すぐアクセス
http://petite-petal.com/area/kyoto/

交通事故治療 千葉
http://chiryouin.biz/branch/page/2/


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握