レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:13 6 2014


∩(´∀`∩) コンバンワッショーイ♪(∩´∀`)∩

昨日は久々にぐっすりねれました。

最近、仕事場で急に仕事を辞めてしまった人がいて、
それによって、残業確定。

7日も22時からちょっと出かけたいんだけど、
そこまでの気力が残っていないかも。

急に辞めるなよっていいたいところだけど、親の体調が悪くて
仕事を手伝わなければいけないとか、いろいろあるよね。

自分は続ける気でも、パパの云々で、転職やら何やら。

次の仕事が決まっているだけでも、まだ救われてるかもしれないけど。

体調を崩して、腰回しを始めたとかいう人もいて、
こないだもゼナドリン飲んでた。

仕事を初めて10`太り・・・またまた太り・・・と繰り返して
コシが痛いとか、色々体に不調があったみたい。

家では22時からとかコアリズムしてる
みたいだよー。

ダイエット緑茶とかも飲んでるのかな。


色々な事情があるから仕方ないとしても、負担がかかってくるから、
逆に体調を崩さないようにしておかないと。

最近風邪もひきやすいからなー。

雲ひとつない晴天だとか天気をみて、雨だとあまり動きたくないし。


それはそうと、この年で実家のお留守番を頼まれました。

なんと・・・バングラディシュに行くんだってさー。

犬がいるんだけど、ペットホテルに預けたくないんだとか。

わたくしの方が、明らかに犬よりランク下だね、こりゃ。

ま、近所だから問題はないし、駅にも近くなるから良いけど、
お留守番って(笑)

ちょっと笑えるよねー。

さて・・・寝ますかー、今日もお疲れさまでしたー。

皆さん、おやすみなさーい。



ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握