レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:27 7 2017

みなさんは、
ファスティングシェイプアップというシェイプアップ法を
耳にしたことはあるでしょうか?

ファスティングシェイプアップというのは、
野菜や果物のジュースだけを飲みながらシェイプアップするというもので、
流行したりんごシェイプアップや、
朝バナナシェイプアップと同じようなものです。

こうした方法って、体重が減るのは早いのですが、
その分リバウンドを起こしたり、からだを壊したり、肌がカサつくなど、
リスクが高いんですよね。

このようなシェイプアップ法は、
単に体重を落とすだけですので、肌のつやが失われ、
美しいプロポーションになるというよりも、やつれた状態になり、
からだへの負担も高くなります。

食べないことでシェイプアップするのは安直過ぎますし、
数年後には健康に大きな問題が起こりますよ。

シェイプアップにふさわしいご飯とは、
やはり野菜中心で、1食あたりに、
手の平ほどのサイズのタンパク質と、脂質を摂る必要があるそうです。

正しいシェイプアップには、タンパク質や脂質などの、
普通シェイプアップ時には摂取するのを避けたいと思う食品が、
逆に健やかにボディサイズを減らすポイントになるのです。

しかし、ただ野菜を摂れば良いのではなく、
野菜の摂り方にも工夫が必要です。

野菜はビタミン類と食物繊維の宝庫ですが、
野菜サラダで食べるにしてもドレッシングの質が問題ですし、
野菜サラダだけでは食物繊維が十分に摂りにくいのです。

野菜は、生で食べることで得られる栄養もありますが、
加熱しなければ吸収されにくい栄養素もあります。

大きな野菜サラダボール一杯の野菜サラダより、
一鉢のきんぴらごぼうのほうが栄養は遥かに摂れるんですよね!


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握