目に疾患がある時のレーシック


目に疾患がある時のレーシックブログ:10 12 2015


みなさんは
「りんご減量」というのをご存知ですか?

減量中は
りんごだけで過ごしますので、
多少体力がなくても大丈夫な日を
選択しなければいけません。

りんご減量に取り組んでいる間は、
りんご以外のものは食べません。

連日6個ずつは食べるようにします。
この間、味が落ちるりんごでは後半がきつくなりますので、
できればちょっとおいしいりんごを用意します。

りんご減量中は、
他の食べ物を一切くちにしてはいけませんが、
水は飲むことはできますし、
ブラックコーヒーなら
1日2杯程度は大丈夫なようです。

3日間のりんご減量を済ませたら、
3日目の晩にコップ3分の1の
エクストラバージンオリーブオイルを飲みます。
毎晩大さじ一杯ずつでも構いません。

腸の洗浄効果を増すためには、
最終日の翌朝方に浣腸をしてもいいでしょう。

りんご減量は、
断食による減量と違って、
すぐに普通のご飯に戻せるので、
肉体の衰弱を感じたら中止しましょう。

また、激しい運動は、
りんごダイエット中は控えるようにしてください。

適切な手順でりんご減量に取り組むことができれば、
3日間でびっくりするほどの効果が現れるといいます。

やり遂げるという決意がなければ、
りんご減量は実践できません。

ただ、りんご減量の影響を疑問視する声もあります。
栄養の偏りがあり、リバウンドが起きる可能性もあるためです。

りんご減量は
自分の体質と合う減量なのか、
りんご減量の仕組みや
肉体への影響をよく考えてから判断しましょう。

ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握