あの松坂選手もレーシックを受けました

メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 

レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?
レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。 松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

川元弓子
http://seimei.linkstudio.biz/?surname=%E6%B2%B3%E5%85%83&firstname=%E5%BC%93%E5%AD%90&sex=w



あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:22 7 2017

なんか、今日は気分が悪いです

体脂肪を落としたいと思って
必死に減量をしている方は、
「絶対に間食はしない!」
と心に誓っているかもしれませんが…

減量と間食って、実は相性がいいんですよ!

体脂肪を減らそうとあまりにも必死になると、
ストレスが蓄積してしまいます。
このストレスこそが、
体脂肪を減らす減量にとっては天敵なのです。

それに、
体脂肪を燃焼させるためには、糖分が必要なんですよね。

糖分というのは、摂取されてから一番最初に燃焼され、
それをきっかけとして、その他のたんぱく質や脂肪が燃焼し始めます。

なので、
少し工夫するだけで、間食を我慢しなくても
体脂肪を減らす減量はできるんですよ!

間食を食べるなら、
「洋菓子よりも和菓子の方がベター」
という話をよく耳にすると思います。

チーズケーキなどの洋菓子は
バターやクリームなどを原料にしているので、
高カロリーになってしまいますが、
団子などの和菓子であれば、一つ食べてしまっても
100キロカロリー前後なのでちょっと安心ですよね。

どうしてもチーズケーキが食べたいのなら、
1つ全部食べきるのではなく半分で終わらせる、
低カロリーのゼリーなどを食べる…などもいいでしょう。

それに、間食をする場合には、
食べる事を食べてから3時間後〜6時間以内に摂りましょう。
食後3時間くらいは
脂肪を分解しようとする力が働き始める時間で、
糖分を肉体の中にためやすくなっているからです。

さらに、お腹が減っている時の間食は
脂肪が吸収されやすく、太ってしまいます。

一回の間食をなるべく100キロカロリー以内に抑えて、
食べる時間のルールを守れば、
間食をしても減量の邪魔にはならないんです!

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握