レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。




レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:11 8 2017

僕は、ここみっか間、
外食で、ちらし寿司とかちらし寿司ばかり食べていたので、
カロリーオーバーで5`も増えちゃいました…

でも、一度ダイエットに成功していると、
減らし方は知っているので、特に慌てません。

何週間かかけてゆっくり戻せばいいだけです。
だから心おきなくじっくり味わって食べましたよ!

これがダイエットする前だったら
「これを食べたら太ってしまう。どうしよう…」
という気持ちになり、
とてもじっくり味わう気になれなかったかもしれません。

食べた後も、
「こんなに食べてしまった…」
と自分で自分を責めてしまったりして、
せっかくの美味しいちらし寿司も台無しです。

ならば、せっかく美味しい物が食べられる機会なんですから、
じっくり美味しく味わいましょう!

ダイエットに成功していれば、減らし方も分かっているし、
ガマンする必要もないのでストレスも溜まりません。

ダイエット中も、こんな機会を作って、
「ダイエットの休日」
として、満足いくまでじっくり味わって食べるべきだと思うんです。

例えば…
フランス料理のコースなら、
少しづつ出て来てくれるので
じっくり・良く噛んで味わって食べられますよね。

こういう食べ方なら脂肪になりにくいし、
少ない量でも腹が満足するので、
食べ過ぎませんしね!

たまにはこんな機会を作って、
ダイエットのストレスを解消しつつ、
再びダイエットを行なう活力にしましょう!

「美味しいものを美味しく食べる」
そんな当たり前のことを、心おきなく実践するためにも、
ダイエットしてメリハリのある生活をしましょう!

――――――以上で今日の報告を終わります。
レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックとドライアイとの関係
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックは妊娠中は避けるべき
適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)失敗しないための賢いレーシック探し