あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました


あの松坂選手もレーシックを受けました
メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?
レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。 松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。




あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:08 5 2017

小学校は義務教育なので、
入学試験を受けることなく入学できる。

なのでどの小学校も
子どもたちの学力の低さに悩まされている。

それゆえママたちの中には
我が子どもだけはそうなって欲しくないと、
私立学校に通わせたいママたちが出て来るのは当然の現象であって、
そこで子どもの間で「お受験」が展開されることになる。

お受験はマスコミや知識人たちから批判の対象になっているのだが、
脳科学的に言うなら、脳の臨界期に受験するのは、
子どもの脳の成長にとって非常に素晴らしいことになる。

受験する子どもたちは
受験勉強をすることになるのであって、
その間、ずーっと脳のシナプスを
大量に増やしまくることができるようになるのだ。

普通の子どもたちが幼稚園で遊んでいる中、
受験をする子どもたちは受験勉強しているのだから、
頭が良くなるのは当たり前のことである。

幼稚園だからといって幼稚なことばかりしていては、
その子どもにとっては最適な環境であるかもしれないが、
果たして最適な環境にいることが
本当にその子どものためになるのかどうかは解らない。

ちなみに
私立の小学校を選ぶ時は、
自宅から遠すぎる小学校を絶対に選ばない方が良いと思う。

子どもにとっては自宅から遠い小学校に通わされては、
その通学が非常に苦痛になる。

通学期間は6年間もあるので、
通学のために大量の時間が奪われてしまっては、
大損害になってしまうからだ。

それと我が子どもを私立学校に通わせるのなら、
父とママで話し合って、
合意しておくことが非常に大事!

時間はたっぷりとあるのだから、夫婦で話し合い、
小学校に行って、その小学校が本当に素晴らしいのか
自分たちの目で確認することをお勧めする。

フンガフフ
あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックとドライアイとの関係
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックは妊娠中は避けるべき
適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)失敗しないための賢いレーシック探し