気になるレーシック手術の使用器具

レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。

 

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:10 9 2017

くだものは
一日およそ200g摂取するのが望ましいとされています。

市販のくだものジュースの場合は200gで
生のくだもの100g分と半分に換算されます。

生のくだものと市販のくだものジュースの違いは、
くだものの持つ「酵素」にあります。

生のくだものには、
ビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素が含まれていますが、
この酵素が食べたものを消化吸収したり、代謝したりと
生命維持にはかかせない役割をしているんです。

酵素はたんぱく質を主成分とした物質で、
潜在酵素と食物酵素があります。

「消化酵素」は
あたくしたちが毎日食べる食事を消化吸収するもので、
「代謝酵素」は
新陳代謝や毒素を汗や尿中に排出する働きをしています。
これらは「潜在酵素」と呼ばれ、
一生のうちでからだの中で作られる量が決まっています。

一方「食物酵素」は体の外にある酵素で、
野菜・くだもの・生肉・生魚・味噌・納豆などに含まれています。

酵素が不足するとからだに支障をきたすようになりますし、
炭水化物・たんぱく質・脂肪・ビタミン・ミネラル・ホルモンも
酵素なしでは何の働きもできません。

なので
食物酵素を普段から取り入れておくことが
とても大切なんです。

市販のくだものジュースには
残念ながら生きた酵素は含まれていません。

ですが
生のくだものと同様にくだものの甘み成分である
「果糖」は含まれます。

「果糖」は、
からだの中に吸収されると
速効性のエネルギー源となりますし、
カロリーも意外に少ないところがうれしいところです。

また、
ビタミン・ミネラル・食物繊維などの成分は
くだものジュースの栄養成分表示を見て
賢く選ぶようにしましょう。

また、砂糖などが添加されていない
くだもの100%のものを選ぶことがポイントです。




ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握